ポケモン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン速度理論

1: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 20:46:08
まず最初に言っておくと筆者はxyからの新規参入者である。
突っ込みどころ多数あると思うが指摘いただければ助かるのである。

この理論を考えるきっかけとなったのは役割論理の「S振りはありえない」という一言である。
私の意見はまったく違う、所謂異教徒である。
先手後手が決定するSは非常に重要であると考えていたし、今でもその考えは変わらないのである。
実際、余程の鈍足以外「S振らないのはありえない」とばかりにSに振りまくっていたのである。

しかし、実戦を何度か重ねるにつれ少し違うということがわかってきたのである。
「Sに振ったポケモンは脆い」
相手に先手を取られた上に、火力が足りなくて落とせない、耐久が足りなくて一撃で落ちる。
対戦中、そういったケースが何度も発生したのである。
Sは重要ではあるが「敵に先手を取られればまったくの無意味」なのである。
それどころか、Sで競り負けたポケモンはSに回した基礎ポイント分、ディスアドバンテージを負っているのである。

それでは、他の能力値を犠牲にしてまで振ったSを無駄にしない為にはどうすればいいのであるか?
速度理論の導く答えは二択である。

1.ほとんどの敵を速度で上回ることを前提としてSに振る
2.そもそもSに振らない

2: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 20:47:01
つまり、速度理論において採用余地のあるポケモンとは
A.素早さ最上位グループのポケモン(先手前提)
B.素早くないが、突出した能力があるポケモン(後手前提)

オールオアナッシングの考え方である。

Aの条件としては種族値110overを設定、勿論最速以外ありえないのである。
Bの条件は設定しないが、耐久に不安がなく、後手に回っても戦えるポケモンが望ましいのである。
フルアタ、H&A or C振りという縛りは解くにせよ、ヤケモンを参考にしてみるのもよいのである。
役割論理には先人たる論者たちの知恵が詰まっているのである。

逆に採用余地がないのは中途半端な素早さを持つポケモンである。
中途半端な素早さのポケモンにSを振るなど愚の骨頂なのである。
中途半端な素早さのポケモンはその中途半端な素早さに種族値を吸われているのである。
一部例外はあるものの、後手前提ではあまり機能しないと考えて差し支えないのである。
種族値そのものが中途半端なポケモンも同様である。
後手を前提に動く以上、運用するにあたり、明確な強みが必要なのである。

また、すいすいなどの特性、詰み技による上昇、トリル発動などの、条件付の素早さは考慮に入れないのである。
決着までにかかるターン数も速度の内であり、準備に一手かけているようでは本末転倒なのである。

3: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 20:51:03
んんwwwwwS振りはありえませんぞwwwwwwwwwww

4: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 20:51:12
ガブは?

5: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:01:45
ガブはS110以下なので速度理論としてはS振りはありえないのである。
但し、ガブは泣く子も黙る600族なのである。
その高いA、安定したB、Dを明確な強みと考えるなら他に基礎ポイントを振った上での採用は十分ありなのである。

6: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:08:24
なんか同じような類似品作って流行らせようとしてるけどことごとく失敗してるよね
大元の役割論理すらオワコンになってるし

7: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:10:10
実を言えば、S振りの条件となるラインををガブの種族値越え、つまり103にするか否かは筆者も迷ったところである。
ガブを抜ければある程度の仕事をできると思われるが、それではただの「ガブ対策」であり「S振りを極力無駄にしない」という当初のコンセプトからはかけ離れるのである。

8: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:10:56
カイリュー・ローブシン・ファイアロー・ボルトロス・ハッサム・メガクチートの先制理論軍団で打ち砕いてやろう

10: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:31:15
確かに、はやてのつばさ、いたずらごころなどの先制特性、マッハ、バレットパンチなどの先制技は
一手の無駄もなくSを無効化するという点で、最速を目指すS振りポケモンにとっては脅威である。
先制特性、先制技が増えれば増えるだけ、Sの価値は相対的に下がっていくのである。

しかし、先制特性、先制技は、S振りを放棄した強みのあるポケモンに対しては有効打を欠く場合が多いのも事実である。
いたずらごころによるいばみがなどの運ゲーは対策がしにくいが、それはどういったPTでもある程度条件は同じである。
最速PTとS放棄PTを作り、相手のPTを見て最適な選出をするのが上策である。

11: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 21:39:34
追い風最高

12: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 22:20:54
逆に先制技がカチ合ったら素早さ勝負だから素早さに降ってかつ優先度重視すればいんじゃね?

13: 名無しさん、君に決めた! 2013/11/30 22:23:31
本当に強くなるためには環境に合わせた柔軟な思考が大事なんですなwww
先制技・変化技・積み技だって有効活用すればもちろん強いんですぞwww
しかし柔軟性がある=強いでは決してありえないwww下手の考え休むに似たりですぞwww
あれも出来たら強い、これもあった方がいい、と何でもかんでも考え無しに取り入れて軸がブレるのは初心者にありがちな落とし穴ですなwww

役割論理は「サイクル戦を前提にダメージレースに勝つ」というコンセプトがはっきりしてるからブレるなんてありえないwww
要はテンプレとかマニュアルと呼ばれるものと同じで誰が使っても安定した運用ができるんですなwww
だからまずは教義に忠実なヤトリックで基礎を学ぶんですなwww
ある程度基本を理解して何が足りないのか自分で考えられるようになったらヤロテスタントなり、異教に改宗なりすればいいですぞwww

ポケモンが読み合い・駆け引きのゲームである以上完璧なんてものはありえないwww
しかしかように役割論理は初心者の登竜門足りえる要素を兼ね備えていたからこそここまで普及したんですなwww
本質を見ずにただ形だけ真似て論理だの言いだすのは寒いだけですぞwww

元々仮想敵を想定して素早さ調整などある程度上達した人間なら誰でもやっていましたからなwww
この速度理論とやらはその調整の先にどういった思想を持ってるんですかなwww
ただ適当に速い奴集めましたじゃロジックでもなんでもありませんぞwww

15: 名無しさん、君に決めた! 2013/12/01 01:39:55
>>13
なかなかの説得力

速度理論のテンプレ的なのってまだないの?

14: 名無しさん、君に決めた! 2013/12/01 00:59:36
まずは異教徒の型を使いこなしてからということですなwww

16: 名無しさん、君に決めた! 2013/12/01 01:54:43
テンプレも何もこないだの開拓論理と同じで大した考察もせず思いつきで立てたんだろ

17: 名無しさん、君に決めた! 2013/12/01 15:51:18
筆者も、そう思うのである。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク集
 
スポンサードリンク
検索フォーム
逆アクセスランキング
フリーエリア
来場者数
スポンサードリンク